晴耕雨読    趣味と生活の覚書

  1953年秋田県生まれ。趣味は、山、本、音楽、PC、その他。硬化しつつある頭を柔軟にすべく、思いつくことをなんでも書いています。あわせて、江戸時代後期の紀行家菅江真澄の原文テキストを載せていきます。

昭和28年

私は、昭和28年に生まれた。

今年の誕生日で、67歳になる。

そのことについて、最近強く思うことがある。

生まれたのは、終戦から、十年経っていなかったんだ。終戦は、わずか八年前なんだ。不思議な感じがする。

しかし、育ってきた環境のなかで、戦争の傷跡のようなものを感じたことはなかった。

小学校入学が、昭和35年で池田首相の「所得倍増計画」そして高度経済成長となり、小学校5年の時に、東京オリンピックだった。この時代の流れの速さはいったいなんだろうか。

その頃の、記憶をたどっていると不思議なことがある。私は、漫画が大好きで、本屋のある街までバスに乗って買いに行っていた。月刊誌の時代で、「少年」「少年画報」「ぼくら」「冒険王」「日の丸」などがあった。我ながら、よく覚えていることに驚く。

そのうちに、月刊誌から、週刊誌に代わって行った。「少年サンデー」「少年マガジン」が出た。「ジャンプ」は、買った記憶がないから、ずっとあとになると思う。

問題は、連載されていた漫画の内容で、戦争漫画が多かった。「ゼロ戦太郎」とか「紫電改のタカ」など。ちばてつやなど、ふつうに名の知れた漫画家たちだった。時代は、考えてみるとわずか20年前くらい、太平洋戦争である。登場人物は、どう見ても、私たちのような小学生か中学生にしか見えなかった。それが、ゼロ戦を操縦し、戦闘するのである。私は、それらの漫画が好きだったので、戦艦とか戦闘機のことをよく知っていたと思う。「零戦と隼はどっちがカッコいい」というようなことを、友達とよく話していた。そして、隼のプラモデルを作っていた。

今では、とても想像できないことだと思う。この時代は、いったい何だったんだろう。

この時代の戦争というものの扱い方はどういうことなのか、いくら、考えてもわからない。

 

 

 

seiko-udoku.hatenadiary.jp

seiko-udoku.hatenadiary.jp

seiko-udoku.hatenadiary.jp

seiko-udoku.hatenadiary.jp

seiko-udoku.hatenadiary.jp

seiko-udoku.hatenadiary.jp

seiko-udoku.hatenadiary.jp

seiko-udoku.hatenadiary.jp

seiko-udoku.hatenadiary.jp

seiko-udoku.hatenadiary.jp

seiko-udoku.hatenadiary.jp

seiko-udoku.hatenadiary.jp

seiko-udoku.hatenadiary.jp

seiko-udoku.hatenadiary.jp

seiko-udoku.hatenadiary.jp

seiko-udoku.hatenadiary.jp

seiko-udoku.hatenadiary.jp

seiko-udoku.hatenadiary.jp

seiko-udoku.hatenadiary.jp