晴耕雨読    趣味と生活の覚書

  1953年秋田県生まれ。趣味は、山、本、音楽、PC、その他。硬化しつつある頭を柔軟にすべく、思いつくことをなんでも書いています。あわせて、江戸時代後期の紀行家菅江真澄の原文テキストを載せていきます。

古地図を見る

いつもの図書館でいつもの閲覧机に座る。そこは、高齢者用の大机で番号札がいらない。しかも、私の好きな地図コーナーのすぐそばである。

まえから、気になっていた地図の書籍を広げて見る。

「地図で見る百年前の日本」と「日本200年地図」

その中から、私の住む柏市とその近隣の松戸市野田市の分をコピーしてもらった。「日本200年地図」は、伊能忠敬の地図から200年なので、この近辺は伊能地図はないので、明治後期から100年ちょっとというところである。

柏市の地図を見ると、

①  明治13年 2万分の1フランス式彩色地図

       記号、文字全て手書きである

       地図作成担当者の職氏名が欄外に記入してある 

          測手 陸軍工兵少尉   上利 芳三

          副手 参謀本部測量課雇 齋藤 敬義

 地図作成上の規定か、担当者の趣味かわからないが、欄外に風景などのスケッチがある。絵心のありそうな絵である。松戸及び野田の地図も測主は上利芳三氏が担当している。

 鉄道、国道6号及び16号ともまだなく、旧水戸街道のみ

②  明治36年 5万分の1  「粕壁」 明治39年 2万分の1  「小金」

       測図年及び縮尺の異なるものを拡大し貼り合わせている

 国鉄常磐線が旧水戸街道と並行して建設されている

 呼塚あたりで、それまで街道の北側を走っていた線路が街道を横切って南側になっている。踏切があったと思われる。

③  昭和42年 2万5千分の1  「流山」 昭和43年 「松戸」

       二枚の地図を貼り合わせている

 国道6号及び国道16号そして東武鉄道野田線が完成している。

 南柏駅ができている。

 豊四季団地をはじめ住宅地が全体的に広がっている。

④  平成30年 2万5千分の1

   北柏駅及び新柏駅が開業。

 つくばエクスプレスが開業し、柏の葉キャンパス駅が設置された。

 住宅地は、さらに広がっている。

①の地図では、街道沿いに住宅がポツポツあって、そこから離れて集落が点在している。それが、②の鉄道ができた後を見ると、柏駅は集落から400m離れたところにできたらしいのだが、駅の近くに商店街らしいものと、街道にも駅に近いところに住宅が集中してきている。

この4点の地図を見て、やっぱり一番面白いのは①の地図である。鉄道も国道もなく旧水戸街道しかないのである。私が今住んでる所が出ているが、どれがどの道かわからない。新しい道が出来ているにしても、古い道はそれなりに残っているはずであるのだが、村の農道というか、集落の道はほんとにわかりにくい。

地図は、すべて手書きである。あまり上手ではない字なので読み取り難いものもある。

水田、畑、草、灌木、松、桑、茶、椚、という字がいっぱい書かれている。

これは、土地の利用状況だろう。

そして、所々に今は聞いたことのない地名と思われるものが書かれている。

かろうじて助けになるのが、神社とお寺である。だいたいは、今もその場所にあると思われるが、聞いたことないけど今もあるのかな、というのもある。

柏駅前の柏神社は、①には表示がないが、②では八坂社となっている。近所の白山神社は、①では、城山宮となっているのがそれかもしれない。ほかにも、いろいろ調べるべきことがありそうだ。

この地図に表示してあることは、すべて担当者が目で確認したのだろうから、その労苦には頭を下げたくなる。

 

明治の初めごろ、松戸や我孫子は宿場として栄えていたし、野田は醤油産業のまちであり利根川と江戸川の水運で、銚子や江戸と繋がっていた。流山は、味醂の町であり、河岸もあり江戸と江戸川で繋がっていた。

柏は、水戸街道沿いの小さな農村にすぎなかった。しかし、柏は常磐線東武鉄道野田線の乗り換え駅となった。国道6号と国道16号が呼塚で交差することになる。埼玉県・茨城県からも集客するようになり、千葉県西北部有数の商業圏のひとつになったのだ。