晴耕雨読    趣味と生活の覚書

  1953年秋田県生まれ。趣味は、山、本、音楽、PC、その他。硬化しつつある頭を柔軟にすべく、思いつくことをなんでも書いています。あわせて、江戸時代後期の紀行家菅江真澄の原文テキストを載せていきます。

手賀沼の白鳥


手賀沼に白鳥がいる。

いままでは、白鳥に似ている鳥がいるなあ、と思っていた。

白鳥は渡り鳥だし、こんな時期にいるはずない。ところが、最近こんな「看板」を見た。

「白鳥のフンがあります。注意してください。」

やっぱり、白鳥だったんだ。

 

コブハクチョウという、大型の白鳥らしい。元来は、ヨーロッパや中央アジアなどに分布するものだけど、90年代あたりから、渡りをせずに定着するようになったらしい。体長1.6m 高さ1mにもなるらしいから大きいけど、英名がMute Swan(無言の白鳥)というだけあって静かだ。とことこ遊歩道を横断しているのを見ることがある。

でも、田んぼに入ってるのをよく見るような気がする。苗を食べてしまったり、農作物の被害が出てるらしい。

気に入って住み着いたんだろうから、なんとかならないのかなあ。

f:id:seiko_udoku:20200830065929j:plain

白鳥飛び立つ

 

seiko-udoku.hatenadiary.jp

seiko-udoku.hatenadiary.jp

seiko-udoku.hatenadiary.jp

seiko-udoku.hatenadiary.jp

seiko-udoku.hatenadiary.jp

seiko-udoku.hatenadiary.jp

seiko-udoku.hatenadiary.jp

seiko-udoku.hatenadiary.jp

seiko-udoku.hatenadiary.jp

seiko-udoku.hatenadiary.jp

seiko-udoku.hatenadiary.jp

seiko-udoku.hatenadiary.jp

seiko-udoku.hatenadiary.jp