晴耕雨読    趣味と生活の覚書

  1953年秋田県生まれ。趣味は、山、本、音楽、PC、その他。硬化しつつある頭を柔軟にすべく、思いつくことをなんでも書いています。あわせて、江戸時代後期の紀行家菅江真澄の原文テキストを載せていきます。

2020-08-03から1日間の記事一覧

菅江真澄との出会い

菅江真澄を知ったのは、私が20代後半のころだった。 私の郷里である秋田県のローカル紙「秋田魁新報」の記事を通してだった。記事は血友病のため長く病床にある民俗学者の内田武志氏についてのもので、内田氏の研究対象が菅江真澄だった。 菅江真澄は、江戸…